□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

― Omoi ―

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 瀬戸内海に浮かぶ、大三島

 

大三島の最北端には「盛」と呼ばれる集落があります。

脈々と受け継がれてきた歴史と文化が色濃く残る、「盛」。

 

そんな「盛」の一軒家に平成244月、世間知らずの若者が移住しました。

田舎の力強さと、厳しさ。

そして、なによりも温かい優しさをたくさんいただきながら、生活する日々。

 

確実に過ぎていく毎日の中で、常に考えていたことがあります。

それは、

「もっと、色んなひと、この島を」

色んなひと、ゆっくりと過ごせる、空間を」

「地元ひと、移住者も、観光客も」

「気兼ねなく集まることができる空間を」

 

そして、移住から1年を経た平成254月。

思いを、かたちに。

自宅の空間を開放する「住み開き」を始めました。

なんとなく、でも、確かに始めました

 

その名は「サカリバ」。

 

「しま」と「まち」。

「ひと」と「ひと」。

優しい繋がりが生まれる、そんな場所を。

みなさんと一緒に、つくることができればと思います

 

                      「サカリバ」家主 鍋島悠弥